スポンサードリンク

栄養補給や疲労回復にも効果

アップルパイ レシピで使われるりんごには、整腸作用のペクチンが豊富に含まれています。
なので、アップルパイ レシピでアップルパイを作って食べると、肉食中心で増えてしまう悪玉菌の活動を抑え腸をキレイにしてくれます。
アップルパイに含まれるペクチンは善玉菌のエサとなり、その活動を活発にします。
アップルパイ レシピで作ったアップルパイのリンゴを他の果物と100g当たりのペクチン量を比べると、りんごは0.3g、みかん0.8g、レモンは1.7gと量の違いはありますが、りんごペクチンは悪玉菌の発育を抑え、他のペクチンの約2倍の抑制効果があります。
アップルパイ レシピに使うリンゴのペクチンは加熱すると抗酸化活性値が高くなります。

アップルパイ レシピで使うりんごから抽出されるリンゴポリフェノールは、体内に発生する活性酸素(老化やがんの要因と見られてます)を抑える働きがあります。
これは、カテキン類に属するこのエピカテキンですが、りんごのエピカテキンは多量体なので、同量のお茶に含まれるエピカテキン(こちらは単量体)より働きが優れています。
また水、熱に強いのも特徴です。
ただし空気には弱いので、アップルパイ レシピを使って作るときのように、加熱することが非常に有効です。

アップルパイ レシピで作ることで、筋力増強と脂肪減少などの効果も認められています。
アップルパイで使うリンゴの果皮の部分に多く含まれるので皮付きアップルパイはおすすめです。
アップルパイ レシピで作ったアップルパイのリンゴポリフェノールは焼いたあとも消滅しません。

アップルパイ レシピで作るアップルパイは、コレステロールの減少効果もあります。
それは、ペクチンが血中コレステロール量の悪玉コレステロールを包み込んで排出し、善玉コレステロールを増やすためです。
肉を食べる時にりんごやアップルパイ も一緒に食べると良いというのはここからきています。
アップルパイを食べることによって、悪玉コレステロールを増加させない働きをりんごがしてくれるのです。

アップルパイ リンゴに含まれるカリウムは胎内のナトリウムを排出し血圧を下げる効果があります。
アップルパイ レシピを使ってアップルパイを作って食べることは、栄養補給や疲労回復にも効果があるので、食後のデザートには、アップルパイをおすすめします。

洋菓子店と手作り

アップルパイの材料にかかせない紅玉が届きました。

「紅玉」というりんごは、アップルパイの材料にかかせないです。
最近では栽培している農家が少ないので、なかなか手に入りにくいりんごですが、通販だと早めに予約を入れておけば、比較的手に入りやすいです。
私はアップルパイの材料にかかせない紅玉が好きなんだけれど、夫はあまりりんごを食べることがなく、食べるなら紅玉がいいらしい。
洋菓子店にある「アップルパイ」は、折りパイ生地で作られている場合がほとんどです。
市販のものって、アップルパイの材料にかかせないリンゴの形が残っているゴロゴロとした感じなので、あまり好みではないんです。

家族の誕生日やクリスマスなどに「ケーキ」はよく作りますが、私がアップルパイの材料にかかせないを作るのは一年に一度です。
アップルパイの材料にかかせないすっぱいりんご「紅玉」が熟す頃に作る、アップルパイだけです。
今年も、家族がりんご狩りで沢山持ち帰ってきてくれたので、アップルパイの材料にかかせないリンゴがたっぷり食べられるように、パイ皿とタルト皿総動員で作ってみました。
アップルパイレシピに、アップルパイの材料にかかせないりんごの砂糖を減らして、カスタードをアレンジします。

アップルパイの材料にかかせないリンゴと冷凍パイシートを利用したので簡単にできます。
おいしいアップルパイができました。
アップルパイの材料にかかせない紅玉はパイ一台につき、大4〜5個をたっぷりと使い、飴色に煮たものを練り、パイ生地の間にぎっしりと詰めて焼きます。
一度素焼きした後に、表面に卵黄を牛乳で溶いたつやだしを塗ってもう一度焼き、さらにその上に3回、アップルパイの材料にかかせないりんごの煮汁を塗っては焼き、塗っては焼きを繰り返して、深い色と艶に仕上げます。
アップルパイは甘過ぎず、美味しく出来ました。
アップルパイの材料にかかせないリンゴはバターと砂糖でけっこう煮たので、酸っぱい紅玉の味にラム酒の香りと砂糖の甘さがよく合って、なかなかの味でした。

まあ、素人なんで、形が少々不恰好なのはご愛嬌ですが、パイ生地にはバターを贅沢に使っているので、その香りのよいことと言ったらありません。
さくさくの薄めのパイ生地にたっぷり詰まったジューシーなりんごをぜひ想像してみてください。

料理用リンゴ

アップルパイのレシピで使う「紅玉」は、酸の効いた味とさわやかな芳香があり、果汁が多く品質が優れた爽やかなりんごです。
果肉の大きさは200g前後と小玉サイズで、鮮やかな濃紅色で光沢があり、日本に一番初めに伝えらたりんごとされています。
一時は「国光」とならぶほどの人気品種でした。
しかし嗜好の変化から減産の一途をたどり、今では希少品種となってしまいました。
ところがここ数年でその料理適正などから人気が再沸騰してきたので、ここ数年で多くの方が買い求めるようになっています。

紅玉アップルパイや焼きりんごなどの料理用としても最適です。
果皮は真っ赤で果肉は白い、甘みと酸味が際立つ品種です。
焼き上がりの果肉はかなりやわらかいので、アップルパイのレシピによく使われます。
調理用りんごとしては、このような品種が適しています。
サンつがる
ゴールデンデリシャスを母親にした交配品種で、8月中旬〜一番の先取り早生です。
さんさ
あかねとの交配種。甘みと酸味がほどよい早生品種です。
未希(ミキ)ライフ
千秋とつがるの交配で作られたリンゴ種で、9月中旬 ごろに採れます。
ほのかな酸味が特徴です。
秋映 9月下旬
千秋とつがるを交配して作られたリンゴ種で、酸味が少しあり、蜜入りもあります。
シナノスィート 10月中旬
ふじとつがるの交配で作られたリンゴ種で、果汁たっぷりで甘さがあります。
昴林
早生ふじです。サンふじより1ヶ月ほど早く収穫され、ふじに比べると少しやわらかめです。
ジョナゴールド 10月中旬
紅玉×ゴールデンの交配種で、酸味あるが焼き上がりの果肉はやわらかいです。
むつ
印度×ゴールデンの交配種で淡い皮色をしています、青森りんごの代表品種となっています。
王林
印度×ゴールデンを交配して作られたリンゴ種で黄色系。甘いりんごで独特の芳香があります。
ふじ・サンふじ
国光とデリシャスの交配種で、酸味・香り・甘み・歯ざわりすべて良好でにれいのアップルパイに適しています。
アップルパイのレシピに使われる期間も長く、安定したりんごで蜜入りもあります。
アップルパイのレシピで使うりんごは生で食べるリンゴと違って、多少形が曲がっていたり小ぶりの玉であっても、ピンとはりのあるりんごが適しています。
アップルパイのレシピで使うリンゴは、早生から晩成のものまで品種は様々ですが、その時期一番の旬のりんごを使います。
一旦市場を介するものと違って、果樹園直送のりんごは鮮度が断然違います。
各農家さんは除草剤をまったく使わない低農薬栽培なので、とても安全で安心です。
リンゴ農家の方がこだわって、大切に育ててくれたりんごの実ですから、アップルパイのレシピに使うときも上手く美味しく使いましょう。

スポンサードリンク