スポンサードリンク

料理用リンゴ

アップルパイのレシピで使う「紅玉」は、酸の効いた味とさわやかな芳香があり、果汁が多く品質が優れた爽やかなりんごです。
果肉の大きさは200g前後と小玉サイズで、鮮やかな濃紅色で光沢があり、日本に一番初めに伝えらたりんごとされています。
一時は「国光」とならぶほどの人気品種でした。
しかし嗜好の変化から減産の一途をたどり、今では希少品種となってしまいました。
ところがここ数年でその料理適正などから人気が再沸騰してきたので、ここ数年で多くの方が買い求めるようになっています。

紅玉アップルパイや焼きりんごなどの料理用としても最適です。
果皮は真っ赤で果肉は白い、甘みと酸味が際立つ品種です。
焼き上がりの果肉はかなりやわらかいので、アップルパイのレシピによく使われます。
調理用りんごとしては、このような品種が適しています。
サンつがる
ゴールデンデリシャスを母親にした交配品種で、8月中旬〜一番の先取り早生です。
さんさ
あかねとの交配種。甘みと酸味がほどよい早生品種です。
未希(ミキ)ライフ
千秋とつがるの交配で作られたリンゴ種で、9月中旬 ごろに採れます。
ほのかな酸味が特徴です。
秋映 9月下旬
千秋とつがるを交配して作られたリンゴ種で、酸味が少しあり、蜜入りもあります。
シナノスィート 10月中旬
ふじとつがるの交配で作られたリンゴ種で、果汁たっぷりで甘さがあります。
昴林
早生ふじです。サンふじより1ヶ月ほど早く収穫され、ふじに比べると少しやわらかめです。
ジョナゴールド 10月中旬
紅玉×ゴールデンの交配種で、酸味あるが焼き上がりの果肉はやわらかいです。
むつ
印度×ゴールデンの交配種で淡い皮色をしています、青森りんごの代表品種となっています。
王林
印度×ゴールデンを交配して作られたリンゴ種で黄色系。甘いりんごで独特の芳香があります。
ふじ・サンふじ
国光とデリシャスの交配種で、酸味・香り・甘み・歯ざわりすべて良好でにれいのアップルパイに適しています。
アップルパイのレシピに使われる期間も長く、安定したりんごで蜜入りもあります。
アップルパイのレシピで使うりんごは生で食べるリンゴと違って、多少形が曲がっていたり小ぶりの玉であっても、ピンとはりのあるりんごが適しています。
アップルパイのレシピで使うリンゴは、早生から晩成のものまで品種は様々ですが、その時期一番の旬のりんごを使います。
一旦市場を介するものと違って、果樹園直送のりんごは鮮度が断然違います。
各農家さんは除草剤をまったく使わない低農薬栽培なので、とても安全で安心です。
リンゴ農家の方がこだわって、大切に育ててくれたりんごの実ですから、アップルパイのレシピに使うときも上手く美味しく使いましょう。

スポンサードリンク